オールラウンドマイラーで余裕ある優雅な生活を実現!

主にマイレージ・ポイントに関する情報をまとめて紹介します。オールラウンドマイラーとして空マイル・陸マイルを貯めつつ生活向上を目指します。

青組空マイラー

青組OKA-SINタッチ、帰国後は沖縄ではなく札幌(新千歳)や福岡に飛ぶ方法がある

2017/02/06

青組OKA-SINタッチでは成田に帰国後、羽田に移動せず札幌(新千歳)や福岡に飛ぶ方法がある

pp_ririkumae_tp_v

2017年の青組修行を計画中です。

理論的にはPP単価が最も安いOKA-SINタッチ(出発空港-OKA-TYO-SIN-TYO-OKA-帰着空港)をしたいのですが、実際に予定を組むと問題がでてきてしまいます。

それは、ANA運航便の設定時刻の問題です。

順を追って解説します。

東京(成田/羽田)-シンガポール便

東京とシンガポールを結ぶANA運航便は以下の通りです(2017年1月時点)。

なお、シンガポール航空運航便でもマイルやプレミアムポイントはもらえますが、青組ルールではプレミアムポイント1.5倍対象にならないので、SFC修行には適しません。

青組行き 便名 機種 出発 到着 所要時間
HND→SIN NH843 787-9 0:10 6:35 7:25
HND→SIN NH841 787-9 10:45 17:30 7:45
NRT→SIN NH845 787-8 16:50 23:25 7:35
NRT→SIN NH801 777-300 18:05 翌0:40 7:35
青組帰り 便名 機種 出発 到着 所要時間
SIN→NRT NH846 787-8 0:35 8:25 6:50
SIN→NRT NH802 777-300 6:30 14:20 6:50
SIN→HND NH842 787-9 10:55 18:30 6:35
SIN→HND NH844 787-9 22:20 翌6:00 6:40

*NRT:東京(成田)、HND:東京(羽田)、SIN:シンガポール

さて、3日間で出来る限りプレミアムポイントを稼ぐためには、国内線区間を組み合わせて4レグ修行あるいは6レグ修行とするのが良いということは別記事で解説しました。

シンガポールでの滞在時間が最短になるのは

青組最短コース 便名 機種 出発 到着 所要時間
NRT→SIN NH801 777-300 18:05 翌00:40 7:35
SIN→NRT NH846 787-8 0:35 8:25 6:50

というパターンです。

これに沖縄(那覇)便をつけたいのですが…

東京(成田)-沖縄(那覇)便

青組では、東京(成田)-沖縄(那覇)便は実は往復1本しか設定されていません。

青組行き 便名 機種 出発 到着 所要時間
OKA-NRT NH2158 767 11:55 14:20 2:25
青組帰り 便名 機種 出発 到着 所要時間
NRT-OKA NH2159 767 18:15 21:30 3:15

赤組では国際線乗り継ぎでコードシェア便として利用できるジェットスターが4本ありますが、青組ではピーチなどを国際航空券(国内区間)として利用できません。非常に不便ですね。

行きに関しては、11時頃までに沖縄(那覇)に着く便は、東京、名古屋(中部)、大阪(伊丹/関西/神戸)、福岡、宮崎、宮古、石垣があるので、これらが出発空港の方は沖縄発の国際線航空券を発行してSFC修行を行うことができます。季節によっては、富山、鹿児島からは11:25着にできる場合があるので利用可能です。

一方で、帰りが問題です。

21:30以降に沖縄(那覇)を出発する青組便はありません(夏休み期間に運航されるギャラクシーフライトは例外です)。

また、21:30以降に沖縄(那覇)を出発する国内線は、SKY958 22:00発23:55着 名古屋(中部)行きのみです。

ということは、シンガポールから帰国後の国内線区間を沖縄(那覇)とすることは名古屋ベースの方を除き、現実的ではありません

どうしても沖縄本島や沖縄離島に飛びたいのであれば、成田から羽田へ移動してください。いろんな選択肢が出てきます。

東京(成田)発の青組国内線を調べる

以前よりは便利になったとは言え、成田から羽田への移動は避けたいところです。

余計な費用がかかりますし…。

東京(成田)に8:25に到着した後、接続できる青組国内線があれば良いのです!

そこで、時刻表を見てみると、3つ見つかります。

青組帰り 便名 機種 出発 到着 所要時間
NRT-CTS NH2153 A320 10:10 11:55 1:45
NRT-SDJ NH3231 B737 10:00 11:00 1:00
NRT-FUK NH2141 B737 10:10 12:25 2:10

*NRT:東京(成田)、CTS:札幌(新千歳)、SDJ:仙台、FUK:福岡

つまり、札幌(新千歳)、仙台、福岡を経由して、自分の最寄り空港に戻るプラン(6レグ修行)なら、成田から羽田に移動しなくても良いのです!

なお、他の東京(成田)発の青組国内線は17:00以降出発なので、NH802便で帰国した後、自分の最寄り空港まで戻るプランであれば利用可能です。

名古屋(中部)発の青組SINタッチ6レグ修行

私しりうすは、名古屋(中部)が最寄り空港(ベース)です。

どのようなSINタッチ修行になるのでしょうか。

名古屋(中部)からは、朝沖縄に飛べるので、行きは問題なくOKA-SINタッチを行います。

帰国後は、沖縄(那覇)ではなく、札幌(新千歳)、仙台、福岡のいずれかに飛ぶことになります。

実際の時刻、プランの例は次の記事で...

名古屋(中部)発の青組SINタッチ修行のPP単価

2016年12月1日、記事を分割しました

まとめ

青組SINタッチ修行で東京(成田)に戻る場合、東京(羽田)に移動せず、札幌(新千歳)、仙台、福岡に飛んで6レグ修行を行う方法があります。

リンク集

-青組空マイラー