オールラウンドマイラーで余裕ある優雅な生活を実現!

主にマイレージ・ポイントに関する情報をまとめて紹介します。オールラウンドマイラーとして空マイル・陸マイルを貯めつつ生活向上を目指します。

オールマイラー 赤組空マイラー 青組空マイラー

シンガポール・チャンギ国際空港に深夜到着後に仮眠する場所は?

シンガポール・チャンギ国際空港に深夜到着後の仮眠場所はAerotel Transit Hotelが安い!

transit hotel

最短シンガポール修行(SINタッチ)の到着時間は深夜

他記事で詳細は書きましたが、シンガポール修行(SINタッチ)の最短コースでは、赤組でも青組でも深夜にシンガポール・チャンギ国際空港に到着します。

便名 出発 到着 所要時間
赤組NRT→SIN JL711 18:10 翌00:35 7:25
青組NRT→SIN NH845 17:00 23:15 7:15

鉄道のMRTの終電は23:18発なので、残念ながら利用できません。

始発は月曜〜土曜は5:31で、日・祝祭日は5:59です

すると、選択肢は、

  • タクシーを使ってホテルに移動する
  • 朝まで空港にとどまる

の2つしかありません。

シンガポールのタクシーは妙に安く感じますが、深夜は割増料金ですし、一定以上のホテルは1泊2万円以上することも多いようです。翌朝から普通に行動するのであれば、もったいないと感じてしまいます。

FOP/PP修行であればなおのことお金はかけたくないという気持ちが働いてしまいます。

シンガポール・チャンギ国際空港での深夜の過ごし方

ではシンガポール・チャンギ国際空港での深夜の過ごし方を検討しましょう。結論からいうと以下のような選択肢があります。

  • ソファーなどで過ごす(制限区域内)
  • ファストフード店やカフェで過ごす(制限区域外)
  • Aerotel Transit Hotel Terminal 1で仮眠/宿泊する(制限区域内)
  • Ambassador Transit Hotel Terminal 2で仮眠/宿泊する(制限区域内)
  • Ambassador Transit Hotel Terminal 3で仮眠/宿泊する(制限区域内)
  • The HAVENで仮眠する(制限区域外)
  • Crowne Plaza Hotel Changi Airportで宿泊する(制限区域外)

シンガポール・チャンギ国際空港は24時間空港で、仮眠できる場所が多くあります。

ソファーやカフェなどで過ごすこともできますが、3日間のSINタッチ修行を心地よく過ごすには、やはりベッドで仮眠あるいは宿泊したいところです。

ポイントは、制限区域内か制限区域外かというところです。

シンガポールに入国する際には、

  1. 飛行機到着
  2. 入国手続き(ARRIVAL IMMIGRATION):制限区域外へ
  3. 預け入れ手荷物の受取

という順になります。入国手続は24時間できるので、制限区域内にあるホテルなどを利用することができますが、預け入れ手荷物を受け取ることができません。

arrival-immigration

もし、預け入れ手荷物をすぐに受け取れない場合、ターンテーブルに残った荷物としてフロアに並べられるか、場合によって荷物管理施設に移されます。しかし、セキュリティが十分なはずはなく、盗難や紛失のリスクが高まるだけであり、望ましいことではありません。

このことを頭に入れると選択肢は預け入れ手荷物の有無で決まってきます。

  • 預け入れ手荷物がない場合は好きなところで仮眠/宿泊
  • 預け入れ手荷物がある場合は制限区域外の仮眠/宿泊

私は、シンガポール修行(SINタッチ)ではすべての荷物を機内持ち込みとして、制限区域内にとどまることにしました。

トランジットホテル(制限区域内)の選び方

aerotel-terminal1

別記事で書きますが、シンガポール・チャンギ国際空港では、制限区域内でも制限区域外でもどちらでもTerminal間を24時間移動することができます(SKY TRAINの運行時間外はバス利用が必要です)。

そのため、到着ターミナルに合わせて仮眠/宿泊場所を決める必要はありません。

必要な設備、値段などで選ぶことになります。

エクスペディアで調べたある日の値段です。

部屋 バスルーム 利用時間 Aerotel Terminal 1 Ambassador Teminal 2 Ambassador Teminal 3
シングル 共用 6時間 4520円
シングル 専用 12時間 11190円
ツイン 共用 6時間 5528円
ツイン 専用 6時間 6839円 6839円
12時間 16144円 16163円
トリプル 専用 6時間 12123円
12時間 15853円

バスルームが共用ということは、部屋にシャワーがついていないということです。

6時間という時間は意外と短くて、寝る準備と朝の準備の時間を引いた分しか寝ることができません。宿泊というよりも仮眠という感じです。それでも数千円は安いと思います!

The HAVEN by JetQuay(制限区域外)

the-haven

Terminal 3に新しく制限区域外に出来たラウンジです。

napルームがあり、6時間の仮眠をすることができます。

制限区域外にあるので、預け入れ手荷物を受け取ってから仮眠ができるというメリットがあります。

こちらもエクスペディアなどで値段を見てみました。

部屋タイプ バス 利用時間 The HAVEN by JetQuay
シングル 専用 6時間 10911円
ダブル 専用 6時間 21820円

Aerotel Transit Hotelに近い設備や利用条件ですが、倍近い値段設定です。

Crowne Plaza Hotel Changi Airport(制限区域外)

こちらは一流ホテルです。Terminal 3の制限区域外にあります。

1泊約2万円前後です。

SINタッチの仮眠場所としては少し高額かもしれません。

Aerotel Transit Hotel Terminal 1仮眠体験記

2016年9月のシンガポール修行(SINタッチ)では、一番安いAerotel Transit Hotel Terminal 1で仮眠してみました。

最短シンガポール修行(SINタッチ)コースを利用したので、1泊3日(機内泊1回)で宿泊費はこの1回しかかかりませんでした。

今回はHotels.comで予約していきましたが、予約変更・取り消しでキャンセル料100%というのはちょっと残念でしたが、無事に宿泊できたので問題ありませんでした。

transit hotel

空港にはほぼ予定通り現地午前0時半頃、Terminal 1に到着しました。

案内表示に導かれて、Terminal 2へのSkytrainの方まで歩いていきました。

エスカレーターを上がっていくと、扉も何もなく、空港の廊下に面してトランジットホテルの受付デスクがありました。

Aerotel

午前1時前、受付は2人。並んでいる人はほとんどおらず、スムーズにチェックインできました。

Aerotel入り口

部屋への入り口が分からずキョロキョロしてしまいましたが、カウンターの後ろにある味気ない扉がそうでした。

aerotel廊下

こんな感じの廊下で、指定された部屋を目指します。

実は事前予約では6000円少々でしたが、当日に見てみたら3000円から予約受付していました。

しょんぼりしていたら、「シャワーつきのツインにアップグレードしておいたよ(英語)」と受付のお兄さんに伝えられて、ラッキーでした♪

aerotelカードキー

指定された部屋にはカードキーをかざして入ります。

Aerotel部屋配置

扉の裏にはFire escape planがありました。部屋の数は結構あって、共用シャワールームもあるようです。

案内された部屋ですが、、、

Aerotelツイン

広々としたツイン!思っていたよりも断然綺麗!これなら十分満足ですよ。

Aerotelテレビ

テレビは壁掛け液晶(LG製)。ペットボトルの水が2本置いてありました。

Aerotelコンセント

ベッドサイドのコンセントはマルチタップになっていて、多国籍対応でした。

Aerotelスリッパ

Aerotelアメニティ

スリッパや歯ブラシ、櫛などのアメニティもおいてありました。ドライヤーもありました。

Aerotelシャワー Aerotelトイレ

シャワーもトイレも綺麗でした。ただ、ウォッシュレットではないです。

残念だったのは、シャンプーやボディソープは怪しいものしかなく、化粧水や乳液はもちろんありませんでした。

お泊りセット

預け入れ手荷物なしの旅行では、手荷物の液体量に制限があるため、化粧水や乳液を持ち込むのは難しいですが、空港などに売っているお泊りセットが便利です。洗顔料が入った乾燥タオルや、化粧水、乳液などがセットになっています。写真は成田空港の小さな薬局で買ったもので324円でした。

夜に工事があるよと言われていましたが、特に気にならず心地よく過ごすことができました。

ただ、やはり部屋の使用時間6時間は短いですね。

寝る準備と朝の準備の時間を差し引いて、結局4時間半ほどの睡眠時間でした。

宿泊というよりも仮眠という感じです。

8時間プランとか10時間プランとかフレキシブルに用意してくれれば良いのですが…。

まとめ

シンガポール・チャンギ国際空港に深夜に到着したら、トランジットホテルを利用して朝まで仮眠する方法があります。

特にAerotel Transit Hotel Terminal 1が最もお値打ちに仮眠することができます。

ただし、翌朝まで制限区域外に出ないため、預け入れ手荷物はないほうが安心です。

ご利用は計画的に。

-オールマイラー, 赤組空マイラー, 青組空マイラー