オールラウンドマイラーで余裕ある優雅な生活を実現!

主にマイレージ・ポイントに関する情報をまとめて紹介します。オールラウンドマイラーとして空マイル・陸マイルを貯めつつ生活向上を目指します。

赤組空マイラー 青組空マイラー

SINタッチ修行でWiFi環境調査

2016/11/17

SINタッチ修行で立ち寄った空港でWiFi環境調査をしました

akane072122928_tp_v

2020年の東京オリンピックに向けてますます旅行客、ビジネス客が日本中を飛び回るようになるのでしょうね。

スマホ全盛の昨今、無料WiFiスポットの解放が進んでいて、空港のロビーなどでWiFiが使えるのは当たり前の時代になりつつあります。

今回は、2016年9月に行ったSINタッチ修行の際に立ち寄った空港のWiFi環境を調査しましたので報告いたします。

調査地点の結果まとめ

MacBook Air内蔵のWiFiで接続し、こちらのサイトを利用して測定しました。

いきなりですが、通信速度の結果を公表します!

空港 測定場所 SSID 測定日 測定時刻 下り推定転送速度 [Mbps]
成田空港(NRT) NAAランデブープラザ FreeWiFi-NARITA 2016/9/3 16:16 17.07
NAAランデブープラザ FreeWiFi-NARITA(2.4G) 2016/9/3 16:19 7.21
出発ロビー FreeWiFi-NARITA 2016/9/3 17:35 11.98
TEI(カードラウンジ) TEI 2016/9/3 16:39 24.18
IASS(カードラウンジ) IASS EXECUTIVE LOUNGE 2016/9/3 16:50 1.17
羽田空港(HND) 国内線出発ロビー HANEDA-FREE-WIFI 2016/9/5 10:04 21.05
小牧空港(KMJ) 出発ロビー (メモ忘れ) 2016/9/3 10:02 26.1
福岡空港(FUK) くつろぎ fukuoka_ap_FreeWifi 2016/9/3 12:34 0.359
出発ロビー(A-E) fukuoka_ap_FreeWifi 2016/9/3 13:03 0.561
チャンギ(SIN) Aerotel Transit付近 #WiFi@Changi 2016/9/4 0:44 1.04
出発ロビー #WiFi@Changi 2016/9/5 1:08 0.810
シンガポール市内 M1ローミング(au世界定額)+Bluetoothテザリング 2016/9/4 7:41 0.754

ちょっとこれではわかりにくいので、グラフにしてみました。単位はMbpsです。

WiFi速度測定

それぞれ測定時間が違うので、周囲の混雑状況などにも差があるので、単純には比較できませんが、

パッと見て、5 Mbps以上の速度で提供してくれているスポットと、1 Mbpsもなく、kbpsのスポットに分かれるようです。

au世界定額でデータローミングを行い、BluetoothテザリングでPC接続したものも合わせて掲載しました。

成田空港

成田空港では比較的時間があったため、第2ターミナルで複数の無料WiFiスポットを回ることができました。

WiFi_NAAランデブー

まずは第2ターミナル出発カウンターの奥にあるNAAランデブープラザから。

真ん中にスタバがあり、向かって左にはブース型のスペース、向かって右にはテーブル&椅子スペースがありました。

ブースは、パソコンつきが4卓、パソコンなしが6卓。足元に電源タップが2つ分空いていました。

NAAタップ

ここでFreeWiFi-NARITAに接続。画面がでてきて、「接続」→「同意」と進んで個人情報入力なしでWiFiに接続させてもらえました!

成田WiFi接続

今回も速度測定。は、や、い!福岡空港とは比べ物にならない速度でした。

つづいて、FreeWiFi-NARITA (2.4G)に接続。こちらの通信速度は遅めでした。

*2.4GHz帯に比べて5GHz帯のほうが高速で安定した通信が期待できます。ただ、状況に応じた使い分けも必要です。両方の周波数帯域が使える機器でWi-Fiを利用する際には、まず5GHz帯で接続してみて、思わしくないなら2.4GHz帯に切り替えるなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

続いて、保安検査場外にあるカードラウンジへ。

img_3783

第2ターミナルの4階においてあるフロアガイドでラウンジを確認。Priority Passや各種ゴールドカードで入れます。両方に行ってみました。

どちらも入り口でWiFi使いたいと告げると、Passの記載したカードあるいはメモを渡してくれます。

TEIラウンジはこじんまりとしていて、人もほとんどいませんでした。そのためか通信速度は良好!

img_3784

一方、IASSラウンジの方が広いですが、その分人もたくさんいました。通信速度は圧倒的にTEIに軍配が上がりました。

IASS

その後、保安検査場を通った後、搭乗口に向けて歩を進めていると、、、成田空港ブース

こんなブース型の休憩スペースがありました。

カードラウンジより上等な椅子で、コンセントも用意されているので、弱ったスマホを救助することができます!

羽田空港

羽田空港ではサクララウンジにも寄りましたが、バタバタしていて測定できませんでした!

国内線出発ロビーで接続・WiFi測定を行いました。

羽田WiFi接続

WiFiをつなぐとこんな画面が出てきます。

このあと、利用登録の名目で名前とメールアドレスを入力します(NTTBPが情報を収集している様子)。

その後、規約が出てきて、「同意する」とクリックするとインターネットに接続できできます。

良い速度が出ていました!

小牧空港

小牧空港は出発ロビー(保安検査場を通った後の待合室)でWiFi SPOTが用意されています。左側の写真に案内が写り込んでいます。

小牧1小牧2

なかなか良い速度でインターネットに接続できました。待合室が混んできてもそれほど速度は落ちませんでした。

ラウンジはありませんが、ネット環境に関しては特に不自由は感じませんでした。

PCができるデスクがあります。10席あり、LANジャック・電源コード2個が6つ。

小牧3

福岡空港

福岡空港は新第1ターミナルが建設中で、近い将来変わりますが、現在は第1ターミナルと第2ターミナル、国際線ターミナルが運用されています。

福岡空港案内

第2ターミナルの方が地下鉄駅に近くて便利ですが、JAL関係便やLCCは第1ターミナルを利用することが多いようです。

今回のSINタッチではJetstarで成田へのJALコードシェア便とFDAで名古屋(小牧)へのJALコードシェア便に搭乗しましたので、いずれも第1ターミナルでした。

第1ターミナルの方へ歩いていきます。

第1ターミナル

第1ターミナルの2階にはくつろぎスペースというコーナーがあります。9席分の個人ブースがあり、電源コンセントは各々2つずつあります。

くつろぎスペース

ここで無料WiFiスポットに接続できます。個人情報の入力は不要です。セキュリティは大丈夫なのかな?

残念ながら名古屋空港よりも通信速度はかなり遅かったです。新第1ターミナルでの巻き返しに期待です。

福岡空港保安検査場

福岡空港の保安検査場を通過すると、広い出発ロビーに出ます。

福岡空港出発ロビー

ぐるっと見渡しましたが、充電が使えるところは入り口近くの2席と、奥の喫煙スペース近くに4席のみでした。

一部のお客さんは壁際のコンセントから使っていました。

広さの割に圧倒的に少ないように感じました。こちらも新第1ターミナルでの改善を期待します。

シンガポール・チャンギ国際空港

チャンギの様子についてはまた別の記事でまとめて紹介します。

まとめ

各空港の無料WiFiスポットの環境を調査しました。何か参考になれば幸いです。

  • (当たり前ですが)混雑していないWiFiスポットの方が速い。
  • 多くの条件で、携帯電話のテザリングよりも速い速度が得られます。
  • 成田空港国際線第2ターミナルのカードラウンジはTEIとIASSがありますが、TEIの方が速い(空いているから?)。
  • 福岡空港(FUK)やチャンギ国際空港(SIN)は残念ながらあまり速度は出ませんでした。

 

 

 

-赤組空マイラー, 青組空マイラー